2015年10月19日月曜日

四国の旅・高知県; 土佐高知 「高知城」 






「日本の世界遺産の旅の記録」へリンクします
  


「日本一周の旅の記録」へリンクします
  

 四国の旅・高知県; 土佐高知 「高知城」  ,










野積みの石垣と高知城




現代の土佐の高知の高知城   (以上、Wik)





ガッカリの名所”の「はりまや橋」を後にして、高知城へ向かう。
はりまや橋の交差点を西に行くと、間もなく「高知城」である。

高知城正面に高知市役所が在り、更に、堀の内に県庁がある。 
緑と史跡の城下公園内に無味無粋なコンクリートの高層建物が存在するのは、美観を甚だ損なっているが・・!!


市役所横から右方角へ行ったところに、高知城の玄関口「追手門」があった。

高知城の表門で、石垣の上に載せた櫓(やぐら)門が城の大手(正面)にふさわしい堂々たる構えをみせている。 

門を潜ると早速「板垣退助の像」がある、「板垣死すとも、自由は死せず・・」という名言は有名であるが、実際には死ななかったともいうが。 板垣は、土佐出身の自由民権の創始者であった。



気がつくと、後ろの木々の間から華麗な天守閣が覘いている。 

杉の段(「井戸の段」とも呼ばれた。藩主自らこの井戸段に出向いたという。
また、藩主のお国入りや出駕の際には、ここに一族が出迎えや見送りに出向いてきた所)と呼ばれる広いスペースから 鉄門をへて本丸・天守閣へ向かう。

周囲土台を重層な石垣で築かれ、その上に堂々と城郭・天守閣が聳える。 

四重五階の望楼型天守で、最上階には廻縁(まわりぶち)の欄干が付けられている。 
華麗にして優美であり、ここから高知の市街が一望できる。

天守閣、追手門は築城当時の姿を留めている、数少ないお城の一つであるという。(本丸
御殿、天守閣とも、国の重要文化財に指定されている。


次回は、山内一豊

「日本の世界遺産の旅の記録」へリンクします






【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
seesaaブログ    fc2ブログ    gooブログ    googleブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」



01. 15.

Google Analytics トラッキング コード